忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第十期 参加者の声: 長谷川さんより
「いつかは来るだろうって思いながらも、今日こんなにでっかい津波が来てこんなに多くの人達が亡くなるなんて思いもしなかったあの日から2年。
自分はこうしてたまたま生きてるけど、2年前に死んでてもおかしくない。
〜中略〜
単純だけど、いつ死んでも後悔しないよう一日一日を一瞬一瞬をもっと大切に生きるしかないって強く思った。
そして、たくさんの人たちと支えあって生きてるんだって思った。」
今回の活動で出会った大船渡市の庭師、花風通の寺澤さんが2013年3月11日にフェイスブックにアップされていた文章です。
 
私たち人間は、健全であれば物事を忘れる事ができる生き物です。これは人間の才能に他なりません。
 
2013年3月12日、今回の活動がきっかけとなり、恥ずかしながら私は初めて被災地と呼ばれる場所に足を踏み入れました。
そこで最も印象に残ったのが、津波によって強引に拓かれた、枯れた平野の中に残された庭石の姿でした。自然の猛威に耐え、力を弱めながらもそこに在り続けた石たちは、かつてその場所に人間の生活があった事を訴えているようでした。
なぜ我々は石を据え、樹を植えるのか。なぜ人間は庭をつくるのかを考えさせられた瞬間でした。
 
庭が存在するという事は、悲しみを超えて、時代を超えて、記憶を超えて残り続けるメッセージそのものに思えます。そして、庭をつくるという事は、何らかのメッセージを伝えようとする行為そのものなのではないでしょうか。
 
今回の活動で使わせて頂いた樹木たちが津波をかぶった土に根を下ろし、幹を太らせ枝葉を充実させる頃、私には陸前高田未来商店街という庭に出向く理由があります。その時、樹々と背比べをし、そこから土地の成長を実感できたら、新たなメッセージを感じる事ができたら幸いです。
 
装景NOLA
長谷川隆明
 
PR
第九期 参加者の声: 古川さんより

想像するということ

1年前の3月11日。
岐阜の現場で洗い出しをしていた。
タワシでゴシゴシ洗っているとピキピキピキピキ細かいヒビが入っていく。
必死で洗っているので揺れも感じず、自分の手元からどんどんヒビが広がっていったのを不思議な気持ちで見ていたのを覚えている。
それからの何日間か日本から音が、日常が消えた。
「あの日」に起きたことが起こした情報に体は包囲された。
自分は自分のことを呪った。
人より想像力があるということを呪った。
テレビやラジオで放送しているコトのその先を、もっと前を、自分の頭や体は想像していた。
まっすぐ立っている感覚はなく、震えがきていた。
その震えに後押しされるように、周りの同じく想像し止まることの出来なくなった人々と一緒に東北に行った。
想像を超えた世界に向き合い、夢中でヘドロやガレキを出した。
被災された人たちが笑顔で話してくれる想像を絶する話を体の中に押し込んだ。
現地で飯を食い、出来る限りのことをやり、話し、寝た。
行くたびに「こんなことが必要になるんじゃないか」と想像し、準備し、現地へ行き、打ちのめされ、飯を食い、出来る限りのことをやり、話し、寝た。
「ふっ」と、想像が落ち着き、着陸する場がある。
そんなことを感じながらがむしゃらに活動し、がむしゃらに想像した。
1年後、
地元の人たちと同じことは想像できないということを知っている。
でも人には想像する力があり
その想像に後押しされ、励まされ、何らかの形をつくることが出来るということ。
それを現地の人と共有し
そこから新たな創造が始まっていくということ。

みらいをうえる。


                             庭JAPAN 古川乾提
                                2012年4月24日
第九期 参加者の声: 松浦さんより
第九期に参加された
千葉県の高校生、松浦さんの言葉です。


僕は今回でボランティアは2回目ですが
少しずつ街が街らしくなってきたと感じます

ですが前回も行った尾崎は、変わってはいますが
明かりが全くなく、そこにある物すべてが暗く
なぜだか気分が落ち込んでしまいます。

尾崎のような場所はまだ、たくさんあると思いますが
少しでも力になれるなら、またボランティアを行いたいです

ありがとうございました

第九期 参加者の声: 松浦さんより
第九期に参加された
千葉県、「松浦造園」の松浦さんの言葉です。


東日本大震災から一年を迎えるにあたって
今回の石巻市尾野崎の慰霊祭のお手伝いにお誘いいただき
何を考えるでもなく
とにかく自分のできることがあればと思い
短時間でしたが参加させていただきました
 

いまだに電気、水道が通っていない場所
 

自分の住んでいる千葉では液状化の被害も落ち着いてきて
311以前の風景が戻り
人々も震災が遠い昔のこととなってしまったかの如く
日々、日常を過ごしています
 

私自身も日々の仕事に追われて
あの震災が記憶の中に埋もれてしまっていたようです
 

今回、実際にお手伝いに参加させていただき
 

以前とは状況がだいぶ変わってきていて
本当の復興に自分は何ができるのだろうか
東北の皆様にお手伝いできることは何なのか、と感じました
 

考えても答えは出ません
 

でもすぐに答えは出なくても
人それぞれできることは違っても
 

みんなの気持ちは同じだと思います
 

今となってはボランティアという言葉も
自分にはなにかしっくりきません
 

東北に困っている人がいる
東北の親戚が助けを求めている
 

だからお手伝いに行く
 

そんな気持ちが自分にはぴったり来ます
 

長いスパンでこれからも
東北へお手伝いに行けたらと思います
 

参加された皆々様にはお世話になりました
有難うございました

第九期 参加者の声: 亀井さんより
アート&デザインによって「支援する人たちを支援する」プロジェクト、
「 サポサポproject 」 の亀井さんの声を紹介させていただきます。
( サポサポproject URL: 
 http://support-support-project.blogspot.jp/ )

プロジェクトの収益金の一部を庭JAPANの活動に寄付していただけることになりました。
今回、亀井さんをはじめ「 サポサポproject 」の9名の方が
庭JAPANと一緒に石巻市尾崎へ行かれました。

。。。

昨日の朝、無事に戻ってきました!

大川地区の状況は、言葉にならないものでした。
大川小学校は「大きな悲しみ」の固まりでした。
そして、その先の地域へは道無き道。まさに海。
その中で、懸命に作業を続けてこられた皆さんに深く深く敬意を表します。
私たちの後方支援の先に、これほどまでに根深い支援活動が行われていることを
強く実感することが出来て本当に得難い経験となりました。

今後とも素晴らしい支援活動を、どうぞよろしくお願いいたします。
 

| top | next |
| 1 | 2 | 3 | 4 |
プロフィール
自己紹介:
 
 心に庭をもつ
 
 すべての人たちの
 
 庭としての巣
 
 それが
 
 庭JAPAN
ブログ内検索
カウンター
バーコード
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny