忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第七期 参加者の声: 田中さんより


8月8・9日と、宮城県石巻市での、「東日本大震災復興支援プロジェクト 庭JAPAN」に、参加させていただきました
 

もうすぐ半年前となる、3・11、あの日から、
 

何が出来るのか、何をしたら良いのか、ずっとずっと考えていました。
 

いつも通りに流れる時間の中で、いつも通りに生活を送っている自分に、疑問を抱いていました。
 

そんな折…創都・清水さんにご紹介いただいた災害支援連絡会「庭人の輪」を通じて、「庭JAPAN」の存在を知りました。
 

そして7月16・17日に、愛知県一宮市「つくる。」にて開催された、
 

「第4回 全日本庭サミット『東日本大震災復興支援プロジェクト 庭JAPAN 活動報告とこれから』」に参加させていただき、
 

庭師の皆さまをはじめとする多くの方々とお話し、被災地の様子、活動の報告を聞きました。
 

「庭師だからこそできることがある」。それはもちろん、重機を使った作業や、スコップ・ネコ・一輪車などの作業といった普段の仕事が活かせる、そういったことはしかり。
 

m28eの古川さんがおっしゃってました「その地に木が植えられる、その時まで活動していきたい」。復興した庭、植物を見た被災地の方々は…笑顔だったそうです。
 


それはそれは、すごくアツい1晩でした。
 

「何ができるか分からない。でも、庭JAPANに参加したら何か分かるかもしれない。」 そう思いました。
 

震災から5ヶ月経った、石巻の様子です。
 


石巻
 


東松島市です。それでも…花は咲いてくるのですね。
 


大川小学校。周りは住宅地だったそうですが、周りには何もありませんでした。
 


カーナビで見ると分かりますが、ここは以前、陸地でした。津波以降、いまだに水が引いていないのです。
 


石巻専修大学です。

ボランティアセンターがあり、私たちがキャンプさせていただいた場所でもあります。
私が参加させて頂いた期間、N-tree長崎さん、m28e古川さん、Morvan Guenierさん、やまぎわ夢創園山際さん、オンサイト計画設計事務所高橋さん、アーティスト二村元子さん、バラクラ伊原木さんとご一緒させていただきました。いろいろな、とても濃い、お話をさせていただきました。
 


庭JAPANで、泥のかきだし・庭の復旧させていただいたお宅です。
 

ここは…。10月に国によって住めるか住めないか、決定が下るそうです。
 

もちろん、住民の方々は、住むつもりだから、復旧作業をしています。
 

「あんな大きな津波だったんだから、半年で元に戻るわけがない。2年3年かかると思っている。でも、2年3年経てばまた、元に戻るんだ」と。
 

同じ日本の中で、「日常」という同じ日本語の先にある現状は、まだまだ、違ったものでした。
 

正直、帰ってきてから余計にどうしたら良いのか分からなくなりました。
 

そう思っている間に、福島で大雨があったり、今回も台風12号が甚大な被害をもたらしたり…。
 

自然は、本当に脅威です。
 

庭JAPANに参加したときにもこういう話題が出ましたが、
 

庭を求める人は、癒しという観点・美という観点などから、庭という空間に「自然」を求めるものですが、それはあくまで操作可能な範囲での「自然」で。
 

「自然」に周囲ぐるっと囲まれてしまった瞬間に、人が感じるものは恐怖でしかない、と…。真昼間、誰もいない山中に居るだけでものすごく怖いものです。
 

自然は、脅威です。
 

けれども、津波で、陸地がヘドロで覆われた、石巻の方が、おっしゃってました。
 

ヘドロは「人間が生活を送りながら海へ流し続けたもの。それを海が、人間に返してきただけなのだ」、と。
 

農家の方や漁師さん…、私たち以上に自然と対峙して生きている方々の言葉です。
 

私は、何ができるかなんて、まったく分からなくなりました。そんなこと考えていたことすら申し訳なくなりました。
 

しかし、これからも庭JAPANさんの活動には参加していきたいと思います。
 

庭師ではないですが、庭に関わる者として、参加させて頂きたいです。
 

何が起こるか分からない日々の中で、1人でも多くの人とつながっていきたいです。
 

庭JAPAN
 

「その地に木が植えられる、その時まで活動していきたい」。
 

もう一つ、庭JAPANの大切なキーワードがあります…「できる人ができる時に、できることを」。
 

瓦礫の撤去率はまだまだ低いです。
 

ただ、現地に行かなくてもできることもあります。
 

目前で起こっている台風の問題もあります。
 

できる人ができる時にできることを、すれば良いと思います。
 

でも、同じ日本人だから(もちろん国外でも様々な問題がありますが)、
 

何が起こっているか知ること、何か動いてみること、もがいてみることは、意味があるのではないでしょうか。。



PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 171 | 170 | 169 | 168 | 167 | 166 | 165 | 164 | 163 | 160 | 159 |
プロフィール
自己紹介:
 
 心に庭をもつ
 
 すべての人たちの
 
 庭としての巣
 
 それが
 
 庭JAPAN
ブログ内検索
カウンター
バーコード
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny