忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第三期 参加者の声: 北谷さんより
第三期に参加された
大阪、萬葉の北谷さんの言葉です。



 3/11 震災が起こってから気持ちが晴れることはなく
 いくら嬉しい事があってもどこか曇っている感覚は拭えず
 ただ目の前に繰り返される日常を一生懸命にする事だけを
 心にもって行動する。という毎日でした。


 実際、今回の呼びかけに参加するかもかなり悩んだ末の
 決断でした。
 断る理由もたくさんありましたが、
 それでもなるべく早い段階で被災地に身体をおいてみることに
 意味があると考え参加させていただきました。




 向かう途中から
 富山では民家と防風垣と農村の景色が広がり
 新潟では田んぼばっかりの広々とした景色が広がり
 本当に美しい景色がたくさんなることを感じさせられながら
 走りました。


 今回被災地となった場所も、普段は美しい景色がたくさんある場所
 なんだと思います。




 現地に身体をおいて僕らの行った作業というのは
 「庭のいらないものを取り除いていく。」という本当に単純な
 作業の繰返しでした。
 津波によって侵された庭をゼロに戻していく作業です。いつも
 ゼロからプラスに変えてこそ喜んでいただける仕事をしている
 我々ですが、そのシンプルな行為に家の方々はものすごく喜んで
 くださり、希望を感じ、笑顔を見せてくださいました。
 ホンマに何事にも変えがたい喜びを感じさせていただきました。


 少しのキッカケを見ることで人はものすごく希望を感じるのだと
 いうことを学びました。


 また僕自身、「ボランティア」といっても自分のチカラで何かが
 できるとは全く考えられませんでした。
 ただ、今回感じたことを 次回のなにか? これからのなにか?
 に対して自信を持った判断をできればと思っています。
 必ず活きるときがあると思います。


 
 これからまだまだ長いスパンで支援していかなければなりません。
 少しずつでもいろんなカタチで自分らしくできたらと思っています。


 最後にこのような貴重な機会を与えてくださった庭JAPANの方々、
 一緒に作業した高田造園の皆さん、大阪の甲田くん谷口くん。
 本当にありがとうございました!


 シンプルな生活のなかでのシンプルな人間関係はものすごく大きな
 チカラになることもわかりました。
 
 このことはこれからのみんなの生活にもいえることだと思います。
 
 これから生み出すなにかが未来の生活にとってプラスであることを
 願いながら行動していきたいと思っています.。
 
 本当にありがとうございました!




PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 102 | 101 | 100 | 99 | 98 | 97 | 96 | 94 | 93 | 92 | 91 |
プロフィール
自己紹介:
 
 心に庭をもつ
 
 すべての人たちの
 
 庭としての巣
 
 それが
 
 庭JAPAN
ブログ内検索
カウンター
バーコード
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny